ホーム about twitter RSS feedly

ハイレゾ

high-res-jas



1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/19(木) 14:08:31.98 ID:dlDkb/ky0.net
DAC買ったらこんなの付いてきた 
なんかハイレゾ音源がタダで貰えるらしい 
fcgFLb6


取り敢えず今からラブライブの曲でも買うわ

引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1424322511/

続きを読む

img01l



1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/15(日) 16:18:46.47 ID:Gov2fyrPE.net
ただでさえCDの売上は減少傾向で 
TSUTAYAやゲオでCD借りて取り込むやつばっかりじゃん 
ネットでのDL数伸ばそうと思ったら価格を100円~200円にするか 
ネットでしかダウンロードできないハイレゾ音質の曲を10倍20倍に増やすべきじゃねーか?

引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1423984726/

続きを読む

top_588x



1: シャチ ★@\(^o^)/ 2015/01/18(日) 00:37:19.94 ID:???0.net
http://realsound.jp/2015/01/post-2270.html 
 ウォークマン誕生35周年を記念し、昨年10月に発売さたムック本『ウォークマンぴあ』(ぴあ)の 
発刊記念イベントが、1月17日に東京・銀座 ソニービルで開催された。 
同イベントには、誌面インタビューに登場した藍井エイルも参加し、ハイレゾ・ウォークマンの感想を語った。 

 イベント開始前に行われた記者会見には、2月14日に発売予定の新型ウォークマン「ZX2」を持って登場した藍井エイル。 
報道陣にハイレゾについて聞かれると、「ハイレゾの音源はすごく広がりがあるように感じました。また、 
細部の音まで本当に良く聴こえます。それと、ハイレゾ・ウォークマンをしばらく使わせていただいて、改めて思ったのは、 
耳が疲れないということ。音質が良いイヤホンやヘッドホンを使っていても、長時間だと疲れるものですが、 
ハイレゾ音源だとそうしたことがありません」と、感想を述べた。 

 また、「これまで、録音時に『きっと誰も気付かないだろうな』と思っていた歌の細かな表現も、ハイレゾだとよくわかります。 
こだわりを持って歌ったところが、ちゃんと伝わるのは歌手としてすごく嬉しいこと。 
今後はさらに細部にまでこだわって歌っていきたいです」と、抱負を語った。 
>>2に続く

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1421509039/

続きを読む

001



1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/01/06(火) 19:03:09.49 ID:wZc/xekM0.net
俺「加工されまくった音聞いて楽しいか?」 

バカ「は?(威圧)実際音質良く感じるんだがw」 

俺「加工されまくった音を音質がいいとか素人丸出しだな、ハイレゾとか加工なしなら人間の耳じゃ違いがわからんだよなぁ」

引用元: ・バカ「ハイレゾ音質よすぎwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


続きを読む

001



1: TwilightSparkle ★@\(^o^)/ 2014/12/23(火) 07:40:35.15 ID:???0.net
2014年12月22日04時24分 

 「CDより高音質」が売りのハイレゾ音源が注目を集めている。ミュージシャンも聴き手も納得の高音質 
配信データ。低迷する音楽産業の新たな収益源になるとの期待は高く、対応作品は増加の一途だ。ライ 
ブコンサートを楽しむ人が増えているのも、「臨場感」が味わえる音源の普及を後押ししている。 

小室哲哉さんが語るハイレゾ 「スタジオを再現できる」 

 「聴き手と作り手が同じ音質で作品をわかり合える時代がやってきた」。音楽プロデューサーの小室哲 
哉さんは、昨今のハイレゾ人気を歓迎する。音の情報量はCDの3~7倍で、「レコーディングスタジオの 
音そのものを届けられ、聴き手にいろんな音を感じてもらえる」。所属する音楽ユニット「TM NETWO 
RK」の新作も12月にハイレゾ配信した。 

 音源はインターネットの専用サイトからパソコンなどにダウンロードする。1曲300~500円。ハイレゾ 
に対応した携帯型音楽プレーヤーやオーディオシステムを使えば、豊かな音を最大限に堪能できる。 

 2005年にオンキヨーの「e-onkyo music」が配信を始めた。当初はアップルのiTunes(アイチュ 
ーンズ)人気の陰に隠れていたが、3万円を切る携帯プレーヤーやイヤホンなど低価格の対応機器も登 
場し、昨年ごろから「ハイレゾ元年」と呼ばれるほど普及が加速。現在ではソニー「mora」やビクターエ 
ンタテインメント「HD-Music」、「OTOTOY」などのサイトが競合する。 

 小室さんに限らず、作り手の支持は厚い。人気バンド「くるり」のボーカル岸田繁さんはツイッター上で 
「今後CDが市場の主力商品じゃなくなって、ハイレゾ配信になるならば、本気でそれを浸透させることを 
やりたい」と語る。 

 レコード会社も、新作・旧作のハイレゾ対応を急ぐ。ユニバーサルミュージックは今年、アルバム600 
作品をハイレゾ化。昨年比で約2倍増で、ジャズやクラシックのほか、宇多田ヒカルやジョン・レノンなど 
ポップスも推し進める。担当者は「売り上げが前年比400%増だ。音楽の聴き方はますますハイレゾ寄 
りになると予測され、今後数年間は成長が見込める」という。 

※会員記事の一般公開部分のみ引用しました、全文は元サイトで御覧ください ※要ログイン 
引用元:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASGCV5KB1GCVUCVL01V.html


引用元: ・【音楽】 ハイレゾ、音楽市場に光明 情報量「CDの3~7倍」 [朝日新聞]

続きを読む

↑このページのトップヘ