ホーム about twitter RSS feedly

ワンオク

ONE-OK-ROCK1



1: casillas ★@\(^o^)/ 2015/02/22(日) 21:44:58.47
http://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2048894.html 

 ロックバンド・ONE OK ROCKのニューアルバム『35xxxv』(11日発売)が初週16.5万枚を売り上げ、2/23付週間アルバムランキング1位に初登場した。 
首位獲得は06年7月(ミニアルバム『ONE OK ROCK』)のインディーズデビューから8年7ヶ月で初のこと。 
テレビでの露出も少ないなか、なぜ彼らは人気を獲得できたのか、そのヒットの理由を探ってみよう。 

◆英語と日本語を絶妙に使い分けた歌詞で転機 

 TAKA(Vo)、TORU(G)、RYOTA(B)、TOMOYA(Dr)からなるONE OK ROCKは、 
2005年に結成。エモやメタル、ロックの要素を詰め込んだハードなサウンドと、アグレッシブなライブパフォーマンスで若い世代に人気を得ている。 
転機となったのは、2010年2月発売の4thシングル「完全感覚Dreamer」と同曲を収録した4thアルバム『Nicheシンドローム』。 
「完全感覚Dreamer」は、週間シングルランキング9位と初のトップテン入りを果たし、『Nicheシンドローム』も週間4位と大躍進。それを受けて同年11月には、初の日本武道館公演を成功させた。 

 「完全感覚Dreamer」と『Nicheシンドローム』以降どんな変化があったのか? ひとつは、歌詞に英語の分量が増えたこと。 
ONE OK ROCKの歌詞は、当時から現在も一貫して、大人や世の中に対する不満、自分たちの大きな夢を歌っているが、核心を突いた部分のみを日本語にすることで、鋭さやインパクトが増して耳に届くようになった。 
これは、ほぼ全編が英語で日本語はサビの数行のみという、現在の歌詞スタイルに行き着く原点となった。 
また、米人気ロックバンドのマイ・ケミカル・ロマンスや日本のロックバンド・Pay money To my Painなど、自分たちの好きなバンドサウンドと真摯に向き合ったことで、よりラウドでありながら爽快で聴きやすいものに変化した。 

 ちなみに、TAKAは森進一と森昌子という偉大な存在を親に持つが、『Nicheシンドローム』には、両親へ宛てた「Nobody’s Home」という曲が収録されている。 
“親の七光り”という、想像しがたいほどの強烈なプレッシャーと偏見を克服したことも、バンドに変化をもたらせた一因だろう。 
そんなTAKAのMCは、決して上から目線ではない隣に寄り添う姿勢が、ファンの心を掴んでいる。「お前らに残された時間は、これっぽっちしかない。 
絶対その時間ムダにするんじゃねぇぞ!」とファンを鼓舞したかと思えば、「俺らも怖くなることがある」と人間らしい弱さを見せる一面も。 
常に「俺らはいつもここ(ライブ会場)で待っている」という言葉で、ファンと共にあることを強調。誰よりも悩み、傷つき、努力したことで、 
人の悲しみや苦しみを知っているTAKAだからこ、その言葉がより彼にカリスマ性をもたらしている。 

 メンバーの演奏力の高さとアグレッシブなライブパフォーマンスも、非常に評価が高い。 
特にTORUとRYOTAは、小中学時代にストリートダンスチームのHEADSに所属していたことで、魅せるパフォーマンスという面で秀でたものを持っている。 
キメで全員が一斉にジャンプをしたり、Ryotaが上半身裸になってステージを走り回るなど、タイミングやステージの使い方には定評がある。 
また、激しい楽曲はもちろん、一転してバラードナンバーを聴かせることができるのも、彼らの実力の証しだ。 
優しいだけではない強さを携えたバラード楽曲は、心を揺さぶるものがあり、彼らのライブを構成する上で重要なパートになっている。 
例えば、Takaの切なげな歌声で始まる「Wherever you are」は、日本はもちろん海外でも観客が大合唱することで知られる。 

◆SNSの効果的な活用でファン層を拡大!海外進出を意識した音作りでロックファンも虜に 

 実力もさることながら、ネットの口コミも彼らの人気を後押しした。テレビ番組出演や大型タイアップはなくとも、 
地道なライブ活動やフェス出演を重ね、その様子がSNSを通じて口コミで広がり、10代、20代を中心にファン層を拡大。 
TwitterやFacebookとライブ映像、ミュージックビデオ(MV)を連動させた企画を実施し、ユーザー発信だけではないSNS施策が功を奏した。 
さらに、7thシングル「The Beginning」(2012年)では、佐藤健が主演したヒット映画『るろうに剣心』主題歌という大型タイアップで躍進。 
同映画の原作漫画ファンである20代後半~30代と時代劇ファンをも取り込み、国内での認知度が上昇。 
また、同映画はアジア各国をはじめ、北米・ヨーロッパ・ロシアでも上映され、シンガポールでは日本映画の興行収入記録を塗り替え、ONE OK ROCKの名前は海外でも知られるようになった。 

 >>2以降に続く

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1424609098/

続きを読む

oor_flag_buildingss



1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/20(金) 16:43:21.67 ID:M4pTsEb/0.net
そのりくつはおかしい

引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1424418201/

続きを読む

music150128_oneokrock_



1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 21:56:00.44 ID:???*.net
■日本だけを視野に入れてアルバムを作ることはできないなと思ったんです 
■じゃあどうするか。アメリカに行って世界に通用するアルバムを作るしかないと 

前作『人生×僕=』から、2年。これが、ONE OK ROCKが鳴らすロックの紛うことなき 
新次元であり、日本のロックバンドという枠組みから完全に別次元へ飛び抜けた大傑作である。
タイトルは『35xxxv』(サーティファイブ)。サウンドの鳴り、アレンジのスケール感、メロディの説得力。 
何もかもがこれまでの作品とあきらかに一線を画している。 

(中略) 

『人生×僕=』で日本のロックシーンの範疇でやれることはすべてやり切ったという 
ある種の行き止まり感をバンドは覚えた。これからさらに真っ向から世界を相手にするならば、 
ドラスティックな変化を遂げなければならない。 

本作を完成させるにあたって絶対不可欠なプロデューサーだったジョン・フェルドマンをはじめ、 
クレジットされている錚々たる海外の共同プロデューサーやエンジニアたちはTakaが 
直接コミュニケーションを持ちオファーしたという。 

ロサンゼルスに拠点を置いたこともそう、バンドはこれまでと違う次元のステージに足を踏み入れる 
ために制作環境のすべてを刷新する必要があると感じたし、そのためならなんでもやるという覚悟が 
彼にはあった。そして、やはりアメリカには4人が求める理想のロック像があった。 

「これまでのアルバムは僕らのことを好きと言ってくれるファンの存在が 
絶対的な中心としてあったんです。その半径から外れないようにギリギリのラインを探りながら 
曲を作っていて。でも、去年、いろんな国でライブをして、いろんな景色を見て、 
日本でアルバムを作ることに限界を感じたんですよね。これまでは暗黙の了解で守っていた 
ルールの範囲内で作ってきたけど、あれ以上何をすべきかわからなくなった。 

そうなったときにもう日本だけを視野に入れてアルバムを作ることはできないなと思ったんです。 
じゃあどうするか。アメリカに行って世界に通用するアルバムを作るしかないと思ったんです。 

それは、いままで僕たちのことを好きでいてくれた人たちの半径から外れる行為であることも 
わかっていたし、そのリスクは大きいんだけど、でもONE OK ROCKはそこから飛び出して世界で 
勝負しなきゃいけないんだって腹を括った。 

海外でライブをやりながら、日本で作った曲だけで勝負することの違和感もすごくあったから。 
それを全部払拭したかったんです。そうやってできたのがこの『35xxxv』です」(Taka) 


「1曲1曲にそれぞれの思い出があって。曲を聴くとプリプロやレコーディングの風景が 
鮮明に浮かぶんです。関わってくれたプロデューサーやエンジニアの組み合わせは曲によって 
いくつかのパターンがあって。 

進め方も録り方もそれぞれでしたけど、どの曲の制作も楽しくて刺激的な時間でしたね。 
これが最先端のレコーディング環境であり、世界のトップにいる人たちのやり方なんだって 
実感する瞬間が何度もありました。 

こういう刺激は日本でレコーディングしていたら得られなかったものだと思うし、 
やっぱり僕らが欲しいと思っていたサウンドはアメリカにあったんだなと思いましたね。 
1枚のアルバムでこんなに多くの経験ができるバンドってなかなかいないと思う」(Toru) 

(インタビューより抜粋。全文はソースをご覧ください。) 

http://amd.c.yimg.jp/amd/20150209-00000537-bark-000-0-view.jpg 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150209-00000537-bark-musi 
2月9日(月)19時53分


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1423486560/

続きを読む

↑このページのトップヘ